ソニーのPS3の販売台数が伸びている中、NTT東西との「Wii」と「フレッツ光」との接続推進に向けた協業に続いて、任天堂はKDDIと「Wiiポイント」をau携帯電話で簡単に購入できるサービスを開始する。

KDDI、沖縄セルラーは、任天堂と共同で、任天堂のゲーム機「Wii」の「Wiiショッピングチャンネル」から有料ソフトをダウンロードするために使われる「Wiiポイント」を、EZwebの「まとめてau支払い」を利用して購入できるサービスを、12月中旬から開始する。

 「Wiiポイント」は「Wii」の「Wiiショッピングチャンネル」から「バーチャルコンソール」などの有料ソフトをダウンロードするときに使用するポイント。「バーチャルコンソール」には、スーパーマリオブラザーズなど、ファミリーコンピュータやスーパーファミコンなどかつてのゲーム機で遊んだ懐かしいソフトがそろっている。

 「Wiiポイント番号」は、1,000円、2,000円、3,000円(いずれも税込)の単位で販売し、ポイントを購入できる携帯はEZ WIN/EZwebmultiコース対応全機種。利用の際は、au携帯電話から、「Wiiポイント番号販売サイト」にアクセスし、「Wiiポイント」を購入するとWiiポイント番号(Wiiポイントプリペイド番号)が付与される。その番号を「Wiiショッピングチャンネル」に入力して、利用することで、「バーチャルコンソール」をはじめ、来年3月から配信予定のWii用新作ソフト「Wiiウェア」などの有料ソフトをダウンロードすることが可能になる。


プレスリリース:「「Wiiポイント番号販売」の開始について」

MarkeZine編集部 [著]

■関連記事

今すぐ使えるトイレはどこ? 突発的ニーズにこたえるモバイル検索「スグソコ」オープン[2007年12月03日]

2007年の気になるSEOキーワード、トップ3は「FX・転職・SEO」【DoctorSEO調査】[2007年12月03日]

DACがデジタルカタパルトへ出資、デジタルコミックに広告配信を提供[2007年12月03日]

ヤフー「2007検索ワードランキング」発表、正月にフジTVで特別番組放映決定[2007年12月03日]



■記事全文へ