香川県殺害事件で祖母の元交際相手にマスコミが情報料
 香川県坂出市で三浦啓子さんと孫娘の2人が行方不明となっていた事件は、27日に三浦さんの義弟、川崎政則容疑者が死体遺棄の容疑で逮捕され、3人が遺体となって発見されるという最悪の結末を迎えた。

 実は、川崎容疑者が逮捕される前、マスコミ各社が、とある人物に金を払って取材をしていたことをご存知だろうか?


情報提供料は2万円

 その人物とは、殺害された啓子さんの元交際相手A氏。「週刊現代」(12月8日号・講談社)ではA氏の証言を「58歳祖母の『元交際相手』が告白1時間!」との見出しで掲載。というのも、警察はこの人物に事情聴取を行っていたため、テレビやその他の週刊誌も、この人物の元を取材に訪れていたのだ。現地で取材する記者はこう語る。

「私も、三浦さんの元交際相手を取材しに行ったのですが、取材のお願いをすると、『俺の時給は1時間2万円や。新潮、現代、フジやTBSもみんな払っとる』と自慢げに言われました。金を払い話を聞くと、殺害された姉妹の父親、山下清さんの悪口と、事件に関する彼の独自の推理で、記事にできるような内容ではありませんでした」

 川崎容疑者の逮捕まで、警察が容疑者として疑っていた人物が多く、情報が交錯していたことから、マスコミとしては2万円を払ってでも事件につながる証言が欲しかったのだろう。

 容疑者が捕まり遺体は見つかった今でも、共犯者がいる可能性や、犯行の動機が不明な点など、いまだに解決とは言いがたい状況。情報に翻弄されるマスコミが真実を暴けるのか、これからが正念場だ。
(編集部)

※画像:「週刊現代」(12月8日号)/講談社

【関連記事】 香川3人行方不明事件で、みのもんたがズバッと問題発言!?
【関連記事】 沢尻エリカの傲慢会見“ギャートルズ衣装”を加藤あいが継承!
【関連記事】 山田優との恋路を邪魔する伊藤英明の真の“敵”とは?
【関連記事】 遺族も無視できなくなった 長井氏殺害事件をめぐる“場外乱闘”
【関連記事】 マーティもベタ褒めする“初音ミク”の新展開とは?
【関連記事】 ひろゆきは『王様は裸だ』と言った少年 by 小飼弾
【関連記事】 巨乳グラドルがオールヌード!神楽坂恵からファンへの置き土産
【関連記事】 大久保麻梨子とセックスする方法
【関連記事】 みうらじゅん、ひこにゃんピンチに物申す
【関連記事】 ジュニアアイドルが年齢詐称!? 未成年“偽装問題”の是非
【関連記事】 出版不況なんてどこ吹く風? 新書バブルに便乗する有名人
【関連記事】 Tバック・手ブラは当たり前! 迷走するジュニアアイドルの未来
【関連記事】 月刊「サイゾー」12月号発売!
【関連記事】 『恋から』出身アナの輝かしいチャイドル時代
【関連記事】 カルーセル麻紀姉も褒める髪型「お●んこ分け」って?
【関連記事】 “美しき大根”長谷川京子に過剰な取材規制!
【関連記事】 金持ちプロゴルファー娘。にハロプロファンは怒り心頭!?

■サイゾー 関連リンク
日刊サイゾー マスメディアでは報じない日本の「真相・深層」を伝えています
サイゾー裏チャンネル サイゾーの公式ケータイサイトがついにオープン!