ニンテンドーDS向けソフト「レイトン教授」シリーズやスクウェア・エニックスの「ドラゴンクエストVIII」などを制作している株式会社レベルファイブが、インターネット上で掲載されているゲームの攻略情報を即刻削除を「お願い」したそうです。

すでに攻略情報をまとめたサイトが掲載内容の削除を告知するなど、影響が出始めています。

詳細は以下から。
レイトン教授と不思議な町

このページによると、レベルファイブが制作している「レイトン教授」シリーズは、物語の中で次々と現れるナゾ(パズル)を解いていくというナゾトキ・アドベンチャーゲームで、レベルファイブとしてはナゾ解答のインターネット上での掲載を認めていないそうです。

これはユーザーがそれぞれに頭を悩ませ、ナゾが解けた瞬間の面白さを感じてもらう部分が「レイトン教授」シリーズの最大の楽しみであり、自身の手で謎解きの楽しみを味わってもらうために、ナゾ解答をサイトに掲載している場合には即刻削除をお願いするとのこと。

なお、攻略情報をまとめたWikiが「ナゾ解答もすべて削除する方向で考えています」ということを発表した上で、以下のリンクで管理人としての考えを表明しています。

警告により、レイトン教授攻略の解答を削除することになります

ゲーム内にはヒントなどもありますが、人によってはどうしてもわからない問題が存在します。
それらの問題が解けず、そのまま嫌になってゲームを途中で投げ出してしまう人も、残念ながらいます。
せっかく良くできたゲームですから、最後まで(途中のストーリーや会話、アニメーション、エンディングなど)楽しんでもらいたいという思いがあります。
レイトン教授が好きであれば好きであるほど、全てのナゾを解きたいと思うはずです。
「どうしても…どうしても、わからないっ!」問題だけは、解答を先に知ってしまうのもアリだと思います。


確かにどうしても謎解きをクリアできない場合の最後の手段として、攻略サイトを頼るというのは悪くはないと思うのですが…。

ちなみにこのレベルファイブ、今年の「東京ゲームショウ2007」にて体験版の無料配布を行ったものの、想像以上に人がつめかけて大騒ぎになってめちゃくちゃになったことがあります。

脅威の270分待ち! レベルファイブブースは入場規制! / ファミ通.com

【ブースリポート】朝から大行列ができていたレベルファイブブースでは…… / ファミ通.com

レベル5、混乱を避けるため整理券を配布/ゲーム情報ポータル:ジーパラドットコム

・関連記事
ニンテンドーDSの国内販売台数が2000万台突破、日本人の6人に1人が所有 - GIGAZINE

ニンテンドーDSでファミコンソフトが遊べる「CYBER・ファミレータLite」 - GIGAZINE

ニンテンドーDS Liteの後継機種は薄型でメモリ搭載、GBAスロット無し? - GIGAZINE

ニンテンドーDSにゲームボーイの「バーチャルコンソール」が登場? - GIGAZINE


記事全文へ