現在「次世代ゲーム機」として、任天堂のWii、マイクロソフトのXbox360、ソニーのPS3が三つどもえの争いを繰り広げていますが、全世界での販売台数はWii、Xbox360、PS3という順番になっています。

しかしイギリスの「Gurdian」紙に掲載された予測によると、その順位は2009年には一変している可能性があるそうです。いったいどのようになってしまうのでしょうか。

詳細は以下の通り。
Sony to launch TV push for PlayStation 3 | Media | Guardian Unlimited

この記事によると、次世代ゲーム機の全世界的な販売台数はWiiが1150万台、Xbox360が1090万台、PS3が460万台だそうです。

しかしこれからソニーがPS3をゲームコンソールとしてのみでなく、エンタテイメントコンピュータとして積極的に宣伝を行い、同時に有名なカラオケソフト「Singstar」を含めたゲームソフト開発に注力することで、2009年の全世界的な販売台数はWiiが5210万台、PS3が4230万台、Xbox360が3040万台になるであろうとしています。

PS3はゲームソフトの少なさが普及のネックになっていると思われますが、上記のような施策や2008年以降に「FINAL FANTASY XIII」をはじめとした有力なPS3向けソフトが発売されることで、将来的に巻き返すことが可能だろうということなのでしょうか。

・関連記事
任天堂のWiiが予想販売台数を大幅に前倒しで突破 - GIGAZINE

ソニー、PS3のゲームソフト開発環境を大幅強化 - GIGAZINE

マイクロソフト、年末年始までにXbox360用ゲームを250タイトル発売 - GIGAZINE

Xbox360、PS3、Wiiの消費電力を詳細に比較してみる - GIGAZINE

ソニーがWikipediaでXbox360の最新タイトルについて編集を加える - GIGAZINE

マイクロソフトもWikipediaでソニーのPS2、PS3をこき下ろしていた - GIGAZINE

Xbox360、Wii、PS3の問題点をそれぞれ比較してみる - GIGAZINE

任天堂のWii、ついに販売台数でXbox360を抜き世界一へ - GIGAZINE


記事全文へ