衝撃の『うる星やつら(新装版)』25巻。原先生の留美子センパイへのリスペクトを込めたイラスト&文章は必見です。

写真拡大 (全4枚)

北斗の拳』で知られる漫画家の原哲夫先生の書いた『うる星やつら(新装版)』25巻のラムさんの絵が話題になってます。昔からラムさんはセクシーの代名詞でありましたが、原哲夫Ver.のラムさんはセクシーさが予測不能な方向に突出してスゴイことに。人智を越えたダイナマイツなプロポーション、尋常でない腰のくびれ、さらに飛び出るバストトップ! これはもはや事件であります。とにかく漫画好きなら一度は見ておくべき、というかこの25巻は一家に一冊置いておくべきかと。

そんな最近の原先生ですが、書店を見渡せば『北斗の拳』を原案とした「外伝」シリーズをいくつか発見できます。以前から気にはなっていたのですが、『北斗の拳』ファンとしては抵抗があり、なんとなく避けてしまっていました。原先生もラムさんにチャレンジされたことですし、私も今回思い切って一連の「北斗の拳外伝」作品を読んでみることにしました。以下にその内容を書いてみます。

■『天の覇王 北斗の拳ラオウ外伝』
作画:長田悠幸
原案:武論尊/原哲夫 
発行:新潮社

●北斗の拳度:★★☆☆☆
●オススメ度:★☆☆☆☆

絵柄だけを見るとまるでドラクエの漫画版みたいな印象です。作者は何らかの形で鳥山明先生の影響を受けているんじゃないでしょうか。ちなみに原哲夫テイストは1mgもありません。なんだか明らかにファン層を読み違えているというか、少なくとも既存の北斗ファンには全くなじまない作家チョイスに感じます。

『天の覇王』1巻。絵柄は嫌いではないんですが、北斗の世界観には合わない気が……。別の作品は読んでみたいかも。


これはラオウが「拳王」として成り上がっていく姿を描いた作品ですが、なんだかキャラの立ち位置が妙なことになっています。例えば1話の冒頭で村人が盗賊に襲撃されるお約束のシーンがあるのですが、そこに「力の無い者達は… 祈るしかなかった 救世主の出現を……」というモノローグが入ってしまうのです。まるでこれからケンシロウが出てくるみたいな雰囲気です。ところが実際に登場するのは当然ラオウなわけで、さらにラオウは「オレがこの世界を救う」とか言ってしまうのですから、北斗ファンの私は自室で悶絶してしまいました。

ラオウは己の野望の為には手段を選ばぬ極悪非道の男です。心の片隅で世の乱れを正すという目的を持っていたとしても、そんな青臭い台詞を簡単に言うはずがありません。それが1話目であっさりと……。さらに敵対する相手を容赦なくぶちのめすところはいいとして、肝心の相手が悪人ばかりというのも違和感を感じます。善人だろうがなんだろうが、刃向かう者には死を与えるのが「拳王」なのに、なんだかやたらいい人に見えます(あくまで『北斗の拳』のラオウと比較しての話ですが)。

アクションシーンは『ダイの大冒険』に血しぶき&スプラッタ分を混ぜたような感じ。またはちょいハードな天下一武道会という趣です。世紀末というよりは、剣と魔法の国が舞台のRPG的世界観に見えるので、「北斗の拳外伝」を読んでる気分には全くなれませんでした。作者の長田氏は、ちゃんと漫画を描ける人物に思えるだけになんだか可哀想な気もします。これは明らかに編集サイドの人選ミスのような……。

コミックバンチでの連載は既に終了していますが、世の北斗ファンがこれをどう評価するか気になります。連載は1年ぐらい続いていたようなので、そこそこ人気はあったかも知れませんが、自分にはちょっと合いませんでした。今回は試しに1巻だけを読みましたが、続きは漫画喫茶で軽く流し読みして終了しようと思います。