ライトから強烈なスパイクを放つ木村沙織 (Photo by B.O.S)

写真拡大 (全3枚)

 バレーボールのワールドカップ女子大会の第10日は15日、愛知・日本ガイシホールなどで行われ、日本はアメリカに0−3(17−25、14−25、20−25)で敗れた。これで通算成績を6勝4敗とし、5位以下が確定。3位以上に与えられる北京五輪出場権は、獲得できなかった。16日の最終戦はブラジルと対戦する。日本は、第1セットを失うと、第2セットには、多治見を投入。流れを変えようとしたが、アメリカの高さとパワーに圧倒され続け、第3セットも奪われた。