12月4日にマイクロソフトがリリースを予定しているシステムアップデートで、旧XboxのソフトをダウンロードしてXbox360で遊べるようになるそうです。配信予定のソフトは「Halo」や「Fable」などで、購入にはマイクロソフトポイントを使用。もし利用できるようになったら大量のHDDが必要になりそうですね。

詳細は以下から。News 360 Dashboard update detailed - download Halo! - ComputerAndVideoGames.com

この記事によると最終的にはXbox Live Market Placeを通じて大部分の旧Xboxソフトがダウンロードできるようになるとのこと。価格はだいたい1200マイクロソフトポイントで、最初に配信予定されているソフトは「Halo」、「Fable」、「Fahrenheit」、「 Crimson Skies: High Road To Revenge」、「Crash Bandicoot: The Wrath Of Cortex 」、「Burnout 3」。

日本ではXbox360のダウンロードコンテンツが少なく、海外と格差が出ていますが、このシステムは日本でも実装されるのでしょうか。

2007/11/14 17:15追記

日本でもリリースが出ました。日本では2007年12月5日(水)にシステムアップデートが配信され、Xbox LIVE マーケットプレースに「Xbox クラシックス」というサービスが追加されるそうです。

Xbox LIVER サービス開始 5 周年 全世界の会員数 800 万人を突破

配信予定タイトルは「HALO」、「クリムゾンスカイ : High Road To Revenge」、「Fable」に「魔牙霊(MAGATAMA) 」や「ぷよぷよフィーバー」。大半のタイトルが2GBを超える容量となるそうなので、標準のXboxの20GBHDDだとすぐに容量がなくなってしまいそうです。

・関連記事
Xbox360がPS3を抜いて据え置きゲームハードの2位に - GIGAZINE

Microsoft、過去に販売したすべてのXbox360に欠陥があることを認める - GIGAZINE

ソニーがWikipediaでXbox360の最新タイトルについて編集を加える - GIGAZINE


記事全文へ