フランダースの犬」や「トム・ソーヤーの冒険」、「トラップ一家物語」などを放送してきたことで知られる世界名作劇場で2008年1月から放送される新作が「ポルフィの長い旅」に決定したそうです。世界名作劇場は1975年から1997年まで23作品が放送されたのち10年あまりの中断期間がありましたが、2007年1月からBSフジで復活して現在は「レ・ミゼラブル 少女コゼット」を放送中。

詳細は以下の通り。
「ポルフィの長い旅」放送のお知らせ

2008年1月6日(日)からBSフジで放送が開始され、1月7日(月)からはBIGLOBEストリームで配信されます。

原作はポール・ジャック・ボンゾンの児童文学「シミトラの孤児」。監督は望月智充、脚本は国井桂、キャラクターデザインは赤堀重雄。OPテーマ「ポルフィの長い旅」をIKUKOが、EDテーマ「君へと続く道」をダ・カーポが担当。

キャストは主人公のポルフィを甲斐田ゆき、ポルフィの妹・ミーナを藤村歩が担当するようです。

原作の「シミトラの孤児」は講談社の少年少女新世界文学全集21に収められています。

講談社(KodanSha)/少年少女世界文学全集

世界名作劇場についてはWikipediaが詳しい。

世界名作劇場 - Wikipedia

・関連記事
2008年1月から放送開始の新作アニメ「true tears」場面カットなど公開 - GIGAZINE

「闘牌伝説アカギ 〜闇に舞い降りた天才〜」オンデマンド配信を本日開始 - GIGAZINE

アニメが放送されてない地域限定で動画を無料配信するサービス開始 - GIGAZINE

「こどものじかん」は放送されるのかどうかKBS京都に電話してみた - GIGAZINE

2007年10月から放送開始のアニメ番組一覧 - GIGAZINE


記事全文へ