オタクトップ企業徹底解剖!【フィギュア編】

写真拡大

 これからの日本を支える輸出産業は、家電でも自動車でもなくオタク商品だ! オタク市場は4000億円を超えるビッグビジネス。さまざまに萌え上がる秋葉系ビジネス、そのもっともコアな分野のビジネスモデルから企業間の関係までを徹底分析!!

【フィギュア編】優秀な「原型師」の確保が好調の鍵

 上位4社に共通するのは、製品の元となるひな形モデルを造形する「原型師」を、専属として社内に抱えている点だ。原型製作専門の工房会社を持つボークスや、前身の模型店時代から素人模型マニアを養い、一流原型師集団へと育てた海洋堂。上位4社の今日の地位は、優秀な社員原型師たちの力によって築かれたといっていい。

 一方、販売面に関しては、あくまでもメーカーとして、少数精鋭による商品開発や他社への製品提供を主軸とする海洋堂・ウェーブと、複数の直営店を運営し、直接販売にも力を注ぐボークス・壽屋の二極に分かれている。中でもボークスは、工具などを含む他社製品も手広く扱い、売上高でライバル・海洋堂とは大差をつけている。壽屋も、欧米・アジアへの海外販路の開拓に成功。6年後には売上高200億円を目指す、と意気軒昂だ。

 また、90年代後半まで、上位4社、特に海洋堂とボークスの商品構成は似通っていたが、01年の食玩ブームを境に、大きく路線を異にしている。ボークスが、高額ドール分野へと進出し、新規顧客を開拓したのに対し、海洋堂は、食玩ブームの沈静化と、美少女フィギュアへの乗り遅れにより、やや伸び悩んでいる。現在、海洋堂の主力商品は、低価格アクションフィギュアだが、かつての勢いを取り戻すほどのインパクトはない。業界内での同社の影響力は大きいだけに、今後の動向が注目されている。

(株)ボークス
?72年 ?05年60億円 ?グループ合計150名(原型師10名) ?16店 ?73年、現ボークス社長・重田英行氏は海洋堂に弟子入り。その後、海洋堂に酷似した業務を展開し、両者は犬猿の仲に。

(株)壽屋
?53年 ?07年6月期見込み40億5000万円(3億円) ?125名 ?5店 ?塗装済み米映画キャラ&美少女フィギュアに注力。店頭では「美少女フィギュア、袋に詰め放題3000円」といった販売も。

(株)海洋堂
?64年?05年30億円 ?41名(原型師10名)?1店?業界最大の展示即売会「ワンダーフェスティバル」を主催。自社ビルには、大映から100万円で買った本物の大魔神が仁王立ち。

(株)ウェーブ
?83年?05年3月期11億3000万円 ?18名 ?1店?クオリティの高い製品を生み続けているが、販売面がやや弱い。

※?創業年 ?売上高(営業利益) ?従業員数 ?店舗数 ?ひとくち情報
(柳一人/「サイゾー」8月号より)

【関連記事】 「ネギま!」赤松夫人、人妻アイドルとしてついにCDデビュー!!
【関連記事】 オタクトップアイドル平野綾 凉宮ハルヒ“声優の憂鬱”
【関連記事】 ミスリードされる少女マンガのエロ規制
【関連記事】 売れるかどうかはバストを見よ!? モー娘。に「バストの法則」発見
【関連記事】 『恋から』出身アナの輝かしいチャイドル時代
【関連記事】 大ヒット漫画『ネギま!』作者はキュートな萌え妻にメロメロ!?
【関連記事】 唯一無二のアイドルテクノポップPerfumeの魅力を堪能せよ!!
【関連記事】 後藤真希、エイベックス入りいよいよ間近? がんばれごっちん!
【関連記事】 声優業界の“パワハラ”事情(前編)
【関連記事】 声優業界の“パワハラ”事情(後編)
【関連記事】 “鉄ドル”木村裕子 が「鉄道オタク=キモイ」のイメージを打破!
【関連記事】 大久保麻梨子とセックスする方法
【関連記事】 巨乳グラドルがオールヌード!神楽坂恵からファンへの置き土産