「あのような酷いことをしようなんて、自分は考えてもいなかった。フィーゴとは昨夜(試合後すぐの4日夜)のうちに(謝罪し、トラブルは)解消している。今は彼の早期復活を願っている」。ユベントスのMFパベル・ネドベドが、自身のファウルにより右足ひ骨骨折の重傷を負ったインテルMFルイス・フィーゴに対し、謝罪の意を明らかにした。

バロンドール受賞者同士の激しい接触が問題視される中、ネドベドは「自分は相手のボールを奪うつもりだった…。試合の中での偶発的な出来事であり、本当に事故だった…。このような結果になってしまい、本当に申し訳なく思っている」と話している。

4日のセリエA第11節ユベントス対インテル戦で、インテルのMFルイス・フィーゴはユベントスのMFパベル・ネドベドから激しいタックルを受け、後半16分に途中交代を余儀なくされていた。