F1ルノーのイタリア人のマネージング・ディレクター、フラビオ・ブリアトーレが、ルノーの来季の見通しが明るいことを強調した。“Autosport”の取材に応じたブリアトーレは「今季はネガティブな結果に終わったが、今季の結果は来季とは無関係だ。フェラーリも2005年度は今季の我々と同じように苦戦を強いられていた。過去を顧みるのではなく、来季に向けて始動することが重要だ。フェラーリが2006年に復活を遂げたように、2008年にルノーは復活してみせる」と気合十分に語った。