カプコンとソニー・ピクチャーズエンタテインメントによると、「バイオハザード」シリーズ初のフルCG長編アニメーション「BIOHAZARD:Degeneration」の製作を開始するとのこと。

詳細は以下から。
カプコン × ソニー・ピクチャーズ 共同製作
バイオハザードシリーズ初のフルCG作品
『BIOHAZARD:Degeneration』製作決定!


リリースを読んでもほとんど情報がないのですが、ストーリーはオリジナル展開で2008年にはその全貌が明らかになるらしい。フルCGでこういった作品の前例というと、「FINAL FANTASY VII ADVENT CHILDREN」を思い出すのですが、同等程度のクオリティにはなるのでしょうかね?

ちなみにバイオハザードシリーズは96年に登場して以来、実に3300万本以上を出荷しているとのこと。そんなに売れていたとは……。

・関連記事
サンフランシスコにゾンビ大量襲来 - GIGAZINE

ゾンビ映画から学ぶ、ゾンビが現れたときにやってはいけないこと - GIGAZINE

ゾンビが襲ってきた時に備えるキット「Zombie Defense Station」 - GIGAZINE

襲い来るゾンビを撃退するゲーム「Boxhead The Rooms」 - GIGAZINE


記事全文へ