自動車レースF1の最終ブラジルGPに勝利し、大逆転で総合優勝を達成したフェラーリのドライバー、キミ・ライコネンが28日、来季への展望を語った。

フィンランド人のライコネンは「来季は自分にとってもチームにとっても、今季より取り組みやすいシーズンとなるだろう。来季に向けてマシンをどのように調整するかをコメントすることは難しいが、我々は手応えを十分に掴んでいる」とコメント。大逆転に終わった今季を糧に、連覇への意欲をあらわにした。