亀田興毅の謝罪会見でマスコミ側への批判集中
1週間の注目スポーツニュースを紹介する「今週のスポーツトピックス」。朝青龍のテレビ番組収録問題や美人騎手のセクハラ問題、亀田興毅の謝罪会見など今週も様々な出来事がありました。しかし気がつけばもう10月も終わり…今年のスポーツ界もまもなく「クライマックス」といったところでしょうか…。


F1グランプリは劇的な幕切れ…
 F1グランプリ最終戦ブラジルGP決勝はキミ・ライコネン(フェラーリ)が優勝し、ドライバーズポイントトップだったルイス・ハミルトン(マクラーレン)が7位、2位のフェルナンド・アロンソ(マクラーレン)が3位に終わったため、総合優勝も勝ち取った。ライコネンにとってこれは初めての総合優勝だ。2位には予選で1位だったフェリペ・マッサ(フェラーリ)が続いた。
[記事全文] - マルカ


監督もあきれる「超」問題児
 リーガ・エスパニョーラの強豪チーム、サラゴサのダレッサンドロが話題となっている。彼は練習中に監督に文句をつけたとして、練習から追放された。
 そもそも彼の素行の悪さは有名であった。試合で交代を命じられた際に水が入ったボトルに八つ当たりをしたり、すぐキレることから、主審からわざわざ監督に交代を促されるほどだ。
 しかし、このダレッサンドロ、ファンタジスタとして名を馳せており、その技術には定評がある選手である。彼の今後に注目である。
[記事全文] - livedoor スポーツ

関連記事
ファンタジスタ2人があわや乱闘 - マルカ
お騒がせ問題児、チーム練習に復帰 - マルカ


ナベツネ氏が激怒!!批判を連発
 巨人の渡辺恒雄球団会長が都内ホテルで怒りを爆発させた。5年ぶりリーグ制覇を果たしながら、CS第2ステージで中日に3連敗。日本シリーズ進出を逃したことに「制度がよくない。リーグ優勝が何の意味もない!」と今季から導入されたCS制度を批判。その後は采配ミス、補強問題など現場とフロントをメッタ切りにした…。
[記事全文] - スポニチ


朝青龍 謹慎中にまさかのTV番組収録
 モンゴルで謹慎中の横綱・朝青龍が、今月上旬にテレビ番組の収録を行っていたことが分かった。TBSの「ズバリ言うわよ!」で、親交のある占い師・細木数子と共演。TBSと協会の間で様々な"行き違い"があったとされる問題だが、これに関し横綱審議委員会前委員長の石橋氏が激怒、11月26日に行われる横綱審議委員会では引退勧告の声が上がることは必至と言われている。
[記事全文] - スポーツ報知

関連記事
朝青龍 TBS番組収録の真相 - J-CAST ニュース


お前も裸になれ…セクハラ調教師に非難集中
 名古屋競馬の女性騎手・山本茜さんが、07年5月まで所属していた厩舎の男性調教師からセクハラを受けたとし、約550万円の損害賠償を求める訴訟を起こしていたことが分かった。男性調教師は、茜さんに突然抱きついたり、厩舎にある自分の住居に呼び出し、全裸になり「おれはお前に全部を見せることができる」などと話し、「お前も包み隠さずに見せてみろ」と服を脱ぐよう命令したのだという。
 しかし後日、山本さんはこの訴訟を取り下げる書面を名古屋地裁に提出した。本人曰く「時間と労力を訴訟ではなく、馬に乗ることに使いたい」とのことだが、関係者の間などでは「なぜ?」との声も上がっている。
[記事全文] - J-CASTニュース

関連記事
美人騎手 セクハラ訴訟取り下げ - スポーツ報知


亀田興毅が謝罪会見…ついに父と「決別」
 ボクシングの亀田興毅が26日、東京・新大久保の協栄ジムで謝罪会見を行い、独り立ちを宣言した。11日の世界戦で二男・大毅に対して反則行為を促した事実を認めた上で今後、父・史郎氏から離れて独自のボクシング道を進むことを明言。再起戦は来年2月以降になる見込みで、「新生亀田興毅」として臨む。今後彼はどうなるのか…。
 なお、この謝罪会見、亀田家からは興毅一人の参加となり、父親の史郎氏は姿を見せなかった。この状況にテレビリポーターから次々と質問が浴びせられた。この会見の様子はネットでも話題となり、リポーターを批判する声が続出した…。
[記事全文] - デイリースポーツ

関連記事
興毅の謝罪会見 質問したリポーターに批判集中 - J-CASTニュース
亀田興毅の謝罪会見 一問一答 - スポーツ報知