昨季を最後に、F1を引退した元フェラーリのミハエル・シューマッハが自身の公式サイト上で21日のF1最終戦ブラジルGPについてコメントしている。シューマッハは「ブラジルGPでは激戦が予想される。両チームのテンションがどれ程上がっているか想像がつく。ドライバーとしてレースに参加せず、自宅でゆっくりと試合を観戦する立場で良かった。今季のF1はドラマチックなファイナルとなったが、自分はやはりキミとフェラーリの勝利を祈る」と古巣フェラーリにエールを送った。

また自身の近況についてシューマッハは「引退から1年が経った。今は家族と過ごす時間を楽しんでいる」と引退後の生活を楽しんでいることも明かした。