ゲームを使った企業PRのとりくみ:JPRS24
 SGラボとアドプレインの両社は15日より、企業PRゲーム「.JP〜インターネットを取り戻せ〜」の提供を開始した。日本レジストリサービス向けに提供を開始したもので、キャンペーンサイト「JPRS24」でプレイ可能となっている。開発はアイダックが担当した。

 このゲームでは、ユーザ自身が主人公となって “ドメイン”をテーマにしたさまざまな謎を解くことで、クライアントであるJPRSの企業活動や「ドメイン名」について理解できる内容になっている。さらにゲームを始めるきっかけとなるキャンペーンサイトにもゲームに繋がる物語性を設定。サイトにアクセスした瞬間から、ゲームのエンディングに至るまで、ストーリーが繋がったものとなっている。

 WindowsXP、MacOS 10.1以上の環境で、Adobe Flash Playerのバージョン9以降インストール済みブラウザでプレイ可能。

 SGラボとアドプレインは、今回の共同展開をきっかけに、今後も「ゲームを活用したブランデッド・エンターテイメント」の手法を広告主に共同提案したいとしている。

■関連ニュース
ケータイ向けホスティング市場にNTTスマートコネクト参入――月額6,300円から
JPRSが工業高校教諭向けの夏季講習会に協力、「ネットの脅威と対策」講座を開催
アダルト専用ドメイン否決。RIRレベルで進行するIPv4アドレスの枯渇――第18回ICANN会議報告会
米ベリサイン、ドメイン料金値上げ
.JPドメインがco.jpドメインを抜いた――「JPドメイン名レジストリレポート2006」