Sony Computer Entertainment Americaは、ゲーム内の空間に広告を表示する「ゲーム内広告」部門を設立し、Googleが買収したゲーム内広告会社Adscape Mediaの元ヴァイスプレジデントがディレクターに就任した。

Sony Computer Entertainment America(SCEA)は、10月8日、ゲーム内広告部門を創設したことを発表した。

 ネットワーク広告のディレクターとしてDarlene Kindler氏が就任。PLAYSTATION Networkおよび、年内にサービスを開始すると言われている3Dコミュニティサービス「PLAYSTATION Home」を含む、すべてのPlayStationプラットフォームにおけるゲーム内広告戦略を統括する。Kindler氏は25年間、Nintendo of America、IREM Americaなどのゲーム会社を渡り歩いたベテランで、任天堂のヨーロッパにおける流通ネットワークを作り上げたメンバーのひとり。2007年3月、Googleがゲーム内広告会社Adscape Mediaを買収したときには、同社のヴァイスプレジデントを務めていた。

 彼女は現在、オンライン広告の戦略策定と同時に、ゲームネットワーク広告のための測定システムの開発に取り組んでいるという。ゲーム内広告では、ゲームの3D空間の中にあるビルボードやポスター、買い物袋や飲み物の缶までが、現実世界と同様に広告媒体として使われる。


プレスリリース:"Sony Computer Entertainment America Announces New In-Game Advertising Business Unit"

井浦 薫(編集部) [著]

■関連記事

「A8.net」「Moba8.net」、成果報酬確定作業を軽減するAPIを公開[2007年10月11日]

3Di、日本発の仮想空間プラットフォーム「Jin-sei」をOEM展開[2007年10月11日]

ミクシィ、セカンドライフの技術を採用して独自3D仮想空間を開設[2007年10月11日]

モバイルでもAdSense、Googleが「モバイル版コンテンツ向けAdSense」をついにスタート[2007年10月11日]



■記事全文へ