新型PSP「プレイステーション・ポータブル」が売上台数50万台を達成した。2007年9月度の国内売上台数は、2004年のPSP発売以来、月間売上で過去最高の水準となった。


 ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)の携帯用ゲーム機、新型PSP「プレイステーション・ポータブル」が、9月20日に国内での発売を開始してから2週間で、売上台数150万台を達成した。9月13日の「CRISIS CORE –FINAL FANTASY VII-」特別限定同梱パッケージ先行発売分を含めると、10月3日時点での国内累計売上台数は58万台となるという。

 新型PSPは、軽量・薄型化によって携帯性を高め、本体カラー基本3色に加えて、淡い色合いの3つの新色が追加されている。SCEは、新型PSP専用の「ワンセグチューナー」などの周辺機器や新作ゲームソフトの投入によって、年末商戦での普及拡大をねらう。


プレスリリース:「新型PSP「プレイステーション・ポータブル」 PSP単品での国内発売から2週間で売上台数50万台達成」

井浦 薫(編集部) [著]

■関連記事

ヤフーとジャパンネット銀行、「Yahoo!ポイント」を即日現金化するサービスを開始[2007年10月11日]

「ニコニコ動画(RC2)」発表会開催、すべての人がニコニコできる日は来るのか?[2007年10月10日]

味気ないQRコードをカラフルに!『ピクチャQR』がリリース[2007年10月10日]

Google、広告付きの動画配信をAdSenseでスタート[2007年10月10日]



■記事全文へ