面接必勝法!
「面接マニュアル本」は数多く出版されているが、社長面接ほどマニュアルにないものはない。
デキる社長の面接術を知ることで、最後の壁を突破しよう!

■社長データ
株式会社ドリコム
代表取締役 内藤裕紀さん

Q:ビジネスで初対面の方にお会いするとき、何に注意されていますか?

まず、相手の話を聞く。最初に壁があっても、聞いてくれる人に対しては段々距離が近くなると思うんですよ。服装の面では、どなたかの紹介で会う時はきちんとした格好をしますけど、基本的には好き勝手な服装ですね(笑)。あと、相手にとって新しい発見があるような話をしたいなと思いますね。仕事でもプライベートでも発展性のあるような出会いにしたいと思います。それじゃないと2回目、会おうと思わないですからね。


Q:採用面接の際は、どこに注目しますか?

いくつかありますが、一つめは、言われたこと以外に何かをやってくれそうな期待のある人。二つめは、仕事なので、一人でやることより複数でやることのほうが多いですよね。性格というかコミュニケーション能力というか、例えば無人島に漂流しても一緒にやれそうだと思える人はいいですね。30分一緒にいると合う合わないというのがなんとなくわかりますし、話している内容などからその辺を見ています。


Q:必ず聞く質問はありますか?

「僕に3つ質問をしてください」という話は必ずしています。それは弊社のどこに興味があるのかを知りたいというのもありますが、会社に対する不安を解消したり、選ぶポイントになったり、より期待をもってもらったりという機会になると思うんですね。あとは、みなさん、複数の会社から選ぶと思うんですが、その中で弊社の一番魅力な点、不安な点を聞いています。


Q:では、御社で経営幹部として迎えられる社員に求められる資質・能力はなんですか?

基本的に「任せる」というのはあります。人が成長するのは、責任と権限がある環境でお尻に火が点いて……というのがあると思いますので(笑)。なるべくそういう方向に持っていっていますね。事業部によっては、予算をもって自分で裁量を判断するなどして目標を達成していくということをやっているんです。基本的には「任せる」。それが結果的に人を成長させていくかなと思います。


Q:御社の社風に合うのはどういう人ですか?
:
:
この記事のつづきは[livedoor キャリア]で!

■関連リンク
livedoor キャリア
【面接必勝法】仕事と生活の”ビジョン”を持っていることが重要
【面接必勝法】一見面接に直接関係のない質問の中で論理的な一貫性を試されている
営業力に+α[転職に強い資格ベスト5-営業職編-]
【面接対策】「お気軽にお問い合わせください」は要注意
【面接対策】面接になると緊張してしゃべれない人は必見!