070922bunkai01.jpg
 
ゲーム・マシンの分解はとても危険です。
 
東京ゲームショーでは分解マニアのためにわざわざ専門の技術者にお願いして分解したものを展示していました。最新薄型のPSP-2000はもちろん、従来型のPSP-1000、そしてNINTENDO DS。さらに据え置き型のWii、Xbox360、PS3です。
 
以下に写真をいくつか置いておきます。
 
070922bunkai09.jpg
 
つい先日リリースされたばかりのPSP-2000
 
 
070922bunkai08.jpg
 
PSP-1000。PSP-2000と比べると各ユニットが一回り大きいです。
 
 
070922bunkai02.jpg
 
NINTENDO DS。PSPとは違い、ドライブがないので液晶が2枚でもシンプルな作り。
 
 
070922bunkai03.jpg
 
Wiiは左側にコネクタが一列に並んでいるのが特徴的ですね。冷却ファンも小さいです。
 
 
070922bunkai04.jpg
 
Xbox360となると随分とPCっぽくなってきました。奥に見えるのが五月蝿いと悪名高いデュアルファンです。
 
 
070922bunkai05.jpg
 
PS3のメイン基盤はでかすぎです。
 
 
<img alt="070922bunkai06.jpg" src="http://www.gizmodo.jp/img/070922bunkai06.jpg" width="350" />
 
さらにこれがヒートシンクだなんて、凶悪すぎですね。
 
 
070922bunkai07.jpg
 
特殊な形状のヒートシンクに組み合わせる大型ファン。冷却効率は良さそうです。
 
これを見ているといかにPS3がでかくて、豪華なのかがよく分かりますね。これなら高いのも仕方ないという気持ちになってくるから不思議なものです。
 
(野間恒毅)
 
■「東京ゲームショウ2007」レポートの一覧コチラ