チェルシーを退団したジョゼ・モウリーニョ前監督が、この経験は人生で最も大きな痛みを伴うものだったと明かした。
 モウリーニョ監督は英国のニューズ・オブ・ザ・ワールド紙上で、アブラモヴィッチ・オーナーとの関係について、「我々の関係が壊れたのはある一つのことがきっかけと言うのではなく、徐々にうまくいかなくなっていたんだ。だから、ブラックバーンに勝っても次の試合に負けたり引き分けたりすれば、来週には同じ問題が繰り返されることになった。初めてこんな苦痛を経験したよ。生まれてこの方、こんな最悪な経験はしたことがない」と話した。
 また、今後については「すでに2件のオファーをもらった。どこからとは言えないが、どちらにも私は興味がなかった。現状を考えれば、しばらく休暇を取ることになるだろう。普通は9月や10月に監督をクビにすることはないからね。休みを取って、仕事が来るまでは準備を整えておく」と話した。