チェルシーは20日、モウリーニョ監督の突然の辞任を受け、公式サイトで、「本日より、エイヴラム・グラントとスティーヴ・クラークにトップチームの指揮を任せることになった」と発表した。
 期間や具体的にどういう役を担当するかの説明はなかった。チェルシーは日曜日にマンチェスター・ユナイテッドと対戦する。
 クラークはモウリーニョ前監督のアシスタントを務めており、グラントはアブラモヴィッチ・オーナーが今季、フットボール・ディレクターに任命していた。グラントの招聘については、当初モウリーニョが反対したが、アブラモヴィッチはグラントこそ、シェフチェンコの良さを引き出すのに最適な男と主張。モウリーニョが、チームについては口をはさまないという条件で加入を認めた経緯がある。