「あとで新聞」トップページ。右側にある「海外ニュース」をクリックすると、英語版が表示される。

写真拡大

 サイドフィードは、人気ブックマークサービス「あとで読む」と連携し、最新ニュースを追うだけのニュースサイトとは一線を画した「あとで新聞」を公開した。

サイドフィードは、新しいニュースサイト「あとで新聞(英語版:news toread)」を9月12日に公開した。

 「あとで新聞」は、現在4万人が利用しているブックマークサービス「あとで読む」の利用データを解析し、人気の記事を簡単に閲覧できるようにした「レコメンデーション型ニュースサイト」。閲覧時に「ユーザーにとって関心度が高い記事」をあわせて表示することで、隠れた人気記事を簡単に閲覧できる仕組みになっている。記事は、ウェブだけでなく、メールやRSSでも無料で購読することができる。




「あとで新聞」トップページ。右側にある「海外ニュース」をクリックすると、英語版が表示される。

 記事は「pts(ポイント)」という単位で表される集計値の高い順に並んいる。この集計値は、ブックマークサービス「あとで読む」で、より多くの人がより短期間にブックマークすると大きな値になる。このランキングは前日までの集計値。今日のランキングが見たい人は、画面右上に表示されている「明日の新聞」をクリックすると、集計の途中経過を閲覧することができる。

 「あとで新聞」は基本的に一日単位で更新されるため、情報がめまぐるしく変化することはない。一般的なソーシャルニュースサイトが「先端ユーザーによる最新ニュース」を取り扱う傾向になるのに対し、「あとで新聞」では、「一般ユーザーによる自身に興味のあるニュース」をじっくり提供することが目的。サイドフィードは、「あとで新聞」によって、誰にとっても情報の偏りが少ないニュースサイトを目指すとしている。

プレスリリース:「あとで読みたい記事を集めたレコメンデーション型ニュースサイト「あとで新聞」を開始 〜ブックマークサービス「あとで読む」のデータを解析し、ニュースサイトとして日英同時公開〜」




MarkeZine編集部 [著]

■関連記事

Googleドキュメントに「プレゼンテーション」機能追加、3大ツールがそろい踏み[2007年09月18日]

ドワンゴ、ニコニコ動画で大ブレイクした「ねこ鍋」映像を独占配信、さらにDVD発売も[2007年09月18日]

ジュピターテレコムと電通、「J:COM オン デマンド」でレスポンス型広告の提供開始[2007年09月18日]

Amazon、スライドショーやプロダクトクウラドを表示する新しいウィジェットを発表[2007年09月18日]



■記事全文へ