マイクロソフトが年末年始までに自社の次世代ゲーム機「Xbox360」向けに、ゲーム250タイトルを発売することを発表しました。

年末の目玉タイトル「ロストオデッセイ」の発売日と価格が明らかになったほか、スクウェア・エニックスとの共同プロジェクトなどについても公開されています。

詳細は以下の通り。
年末年始までに Xbox 360 用ゲーム 250 タイトルを発売
テクモ株式会社の新作『NINJA GAIDEN 2』、
株式会社スクウェア・エニックスとの共同プロジェクトも公開


このリリースによるとマイクロソフトは、東京ゲームショウ2007に先駆けて開催した発表会「Xbox 360 Briefing 2007」において、年末年始までにXbox360用のパッケージソフト並びにXbox LIVEアーケードのタイトルを合わせて250タイトルにするそうです。年末年始までに新たに250本発売するというわけではなく、既存のタイトルと合わせて計250本になるということですか…。

また、年末の目玉タイトルとして「ロストオデッセイ」を2007年12月6日に税込7140円で発売することを発表したほか、テクモのXbox360専用新作タイトル「NINJA GAIDEN 2」や、スクウェア・エニックスとの共同プロジェクトとなるXbox360専用RPG「インフィニット アンディスカバリー」を発表したとのこと。

そしてこれが2007年内に発売予定の主なXbox360パッケージソフト一覧。


・関連記事
Xbox360は今買うべきではない? - GIGAZINE

マイクロソフト、Xbox360の現行モデルにもHDMI端子を搭載開始 - GIGAZINE

Xbox360の実際の故障率が判明、なんと33%!? - GIGAZINE

マイクロソフト、「Xbox 360 ELITE」を正式に発表 - GIGAZINE


記事全文へ