以前GIGAZINEで2007年中に65nmプロセスを採用したチップを搭載したXbox360が登場かということをお伝えしましたが、どうやらすでに65nmプロセスを採用したXbox360向けチップの製造が始まっているそうです。

つまり、もう間もなく新しいチップを搭載したXbox360が登場することから、今はどうしても欲しい場合を除いてXbox360を買うべきではないかもしれません。

詳細は以下から。
Exclusive: What Microsoft’s Falcon project is going to mean for when you should buy an Xbox 360 - A+E Interactive: Your Bay Area hangout for gaming, music, movies, culture -

この記事によると、「falcon」というコードネームで開発されている65nmプロセスを採用した新しいXbox360向けチップは、すでに中国で生産されているそうです。

そして新しいチップは低発熱なことから、Xbox360の33%という高い故障率などの問題の解決が期待できるとのこと。

しかしマイクロソフトの方針から、ユーザーはどのXbox360に新しいチップが搭載されているのかを知ることができないため、新しいチップを搭載したXbox360を購入するためには、現在市場に出回っている現行モデルの在庫が売り切れるまで待たなければならない模様です。

・関連記事
マイクロソフト、Xbox360の現行モデルにもHDMI端子を搭載開始 - GIGAZINE

Xbox360の値下げが正式に発表される - GIGAZINE

レッドリング・オブ・デスの点灯したXbox 360を直すムービー - GIGAZINE

日本でのXbox 360 エリートの発売日が2007年10月11日(木)に決定 - GIGAZINE


記事全文へ