日本人の知識力を問うDS用ソフト「毎日新聞1000大ニュース」が11月に発売される。

株式会社セガと株式会社毎日新聞社は、毎日新聞創刊135周年プロジェクトとしてニンテンドーDS向けゲームソフト『毎日新聞1000大ニュース』を共同で企画開発し、2007年11月に発売すると8月27日に発表した。

『毎日新聞1000大ニュース』は、過去135年間に毎日新聞に掲載されたニュース記事の中から代表的なものを収録し、クイズ形式にしたソフト。プレイヤーは、テレビのクイズ番組に参加するような感覚で、出題される問題に解答しながら、どれだけのニュース力があるかを競う内容となっている。

 ゲームながら就職活動中の学生や知識を増やしたいサラリーマンからのニーズもありそうだ。コンテンツも、事件・ヒーロー・生活・流行・ファッションなどさまざまな分野で、2007年から135年分を順次遡ってクイズを解いていく「タイムスリップモード」や、日本人なら知っていて当然の「常識クイズ」、記事の中の間違っている部分を探し出す「添削クイズ」など、すべての出題は実際に掲載された新聞記事から行われる。また、“XX年前の今日の出来事”といった、ゲーム機の電源を毎日ONしたくなるような仕掛けも盛りだくさんとのこと。

 このソフトには、2007年9月2日に第一回、2007年12月2日に第二回の試験を控える、今話題の「ニュース検定」の対応問題も収録。模擬試験や練習問題としても利用できそうだ。

プレスリリース:日本人の知識力を問う『毎日新聞1000 大ニュース』発売決定!!(PDF)


MarkeZine編集部 [著]

■関連記事

Yahoo!が独自検索技術の「YST」検索アルゴリズムを刷新[2007年08月31日]

モスバーガー、新商品キャンペーンで携帯端末を利用したクーポンを初導入[2007年08月30日]

IDC Japan「2007年3月期ITアウトソーシング売上ランキング」発表[2007年08月30日]

「男性は60歳を超えても働くべき」と考える人が8割超―「ADK生活者総合調査」[2007年08月30日]



■記事全文へ