2007年9月28日についに有償修理の受付が終了し、事実上の滅亡の時を迎えるはずのドリームキャストですが、なんと新作ゲームが2つ、来年発売予定らしい。ゲームのタイトルは「Dalforce」というシューティングゲームと、「Wind and Water: Puzzle Battles」という名前の4人対戦のパズルゲームだそうです。

詳細は以下の通り。
You Cannot Kill It: 2008 Brings More Dreamcast Games - Kotaku

Arcade Renaissance: RedSpotGames Announces two new Dreamcast Releases

「Dalforce」についてはまだ詳細がよくわからないのですが、「Wind and Water: Puzzle Battles」については以下に実際のゲームムービーがあります。開発元がYouTubeにて公開しているものです。

YouTube - Wind and Water: Puzzle Battles Final Demo -- Story Mode


YouTube - Wind and Water: Final Demo -- Puzzle Mode + Boss Battle


このゲーム、もともとは韓国のGamePark Holdingsというメーカーが販売しているポータブルメディアプレーヤー「GP2X」用のもの。ポータブルメディアプレーヤーというよりはPSPなどのポータブルゲーム機に近いらしい。OSはLinuxを採用しており、大部分がオープンソースで構成されており、同様にユーザーが自主的に開発したソフトウェアやゲームなどが山ほどあるらしい。

ITmedia +D PC USER:オープンソースな大人のオモチャ、「GP2X」ってなんだ? (1/3)

Jp:Main Page - wiki.gp2x.org

で、このゲームがドリームキャスト向けに移植される予定だそうです。

ちなみに、「ドリームキャスト最後のソフト」と呼ばれてきた過去のソフトたちは以下の通り。

2006年3月23日:UNDER DEFEAT

2007年2月22日:トリガーハート エグゼリカ

2007年3月8日:カラス(KAROUS)

なお、週間売り上げトップになるという大快挙を「カラス」は成し遂げています。

今度こそ、最後になるのですかね?

・関連記事
フルスピードで動作するドリームキャストのエミュレータ「nullDC」 - GIGAZINE

世界中で売れなかったゲーム機ワースト10 - GIGAZINE

ゲーム好きで知らない者はいない「ファミ通.com」編集部に行ってきました - GIGAZINE

iPhoneでエミュレータを動かし、マリオをプレイしているムービー - GIGAZINE


記事全文へ