朝鮮日報

写真拡大

先日、トレビアンニュースがお伝えした『“8・15”韓国が2ちゃんねるを攻撃開始?』という記事。8月15日に韓国のネットユーザーが『2ちゃんねる』をサイバー攻撃するという騒動で、韓国版・朝鮮日報にもトレビアンニュースの記事が引用されたほど、注目度の高い記事だった。

情報筋によると「確かに『2ちゃんねる』は攻撃を受けたが大きな打撃はなかった」とのこと。今回のような攻撃はこれを含め2回目で、2004年にも同様の攻撃を受けていたものの、今回はそれほど威力のない攻撃だったようだ。「あれ?攻撃始まってる?」「攻撃している人数が少ないのかな?」と思われたほど、貧弱なものだったという。

気になる攻撃方法だが、誰もが予想していた通り、サイトの更新を繰り返してサーバーに負荷をかけるというものだった。韓国の2ちゃんねる攻撃は、クラッキングでアクセス不可にするという高度な攻撃はされず、“微笑ましい終わり方”をしたといえるだろう。

そんななか、「日本に勝利した!!」と思った韓国人もいたようだ。『2ちゃんねる』には“バーボンハウス”という文章があり、その罠にひっかかったのである。バーボンハウスとは、リンクをクリックさせておいて、飛んだ先に……

「(´・ω・`)やあ ようこそ、バーボンハウスへ。」

……と書かれたページがあり、意図したページではないページに飛ばして騙すというもの。このページを見て「日本が降伏した!」と勘違いしたのか、多くの韓国人が「日本に勝った!」と歓喜したらしいのだ。『エンジョイコリア』という韓国のコミュニティに「大勝利!」と、トピックを立ててしまったくらいである。

そもそも、攻撃されると聞いて何もしない『2ちゃんねる』ではない。韓国からのアクセスの場合、『2ちゃんねる』がバーボンハウスに飛ぶようにしていた(らしい)のだ。大きな争いごともなく、バーボンハウスがすべてを解決してくれた今回の騒動。今後もこのような争いごとがなければいいが……。
[詳細記事]

■オススメ! 最新人気トレビアンニュース
8月15日に韓国が『2ちゃんねる』を攻撃開始?
台湾エロギャル空軍のブログが炎上して閉鎖!
エロい検索サイトを探せ!!
■関連リンク
もっとも美人な韓国の女優 - livedoor リスログ