F1ハンガリーGPで2位の座を掴んだフェラーリのフィンランド人ドラーバー、キミ・ライコネンが感想を述べている。マクラーレンのルイス・ハミルトンに首位の座を奪われたライコネンだが、「ルイスが速いことは重々承知だった。そう考えると2位はポジティブな結果だろう」と語り始めている。

記者会見の場に姿を現したライコネンは「このコースで追い抜くことはほぼ不可能。唯一追い抜くことが可能なケースは、何かしら(前を走る車が)トラブルを抱えている時ぐらいだろう。だが、ハミルトンには何も(トラブルは)なかった…。今回最も重要なことは『ミスをしない』ことであり、その点はクリアできた」とコメント。2位の結果にも納得の表情を浮かべながら報道陣に語った。