7月28日(土)、有明コロシアムにて行われた『亀田の夏祭り』フライ級10回戦に、亀田興毅、大毅が揃って出場。共に判定3-0で勝利を挙げた。

坂田健史の持つWBA世界フライ級タイトル挑戦を熱望する両者。大毅はタイのファーペッチノーイ・クラティンデーンジムと、WBA世界フライ級1位の興毅はアメリカのセサール・ロペスとそれぞれ対戦。共に危なげない試合運びで、大差をつけての勝利となった。

日本では初となる同門(共に協栄ジム)での世界戦実現に弾みをつける結果となったが、王者坂田へ挑戦するのは、興毅、大毅、果たしてどちらとなるか?