F1日本GP公式予選1回目、三重県鈴鹿サーキット、曇り。
昨日、台風22号の影響で延期となった公式予選だが、雨は上がったもののコース上、所々に濡れた路面が残る中、午前9時から行われた。
マシンが走ることによりコースが乾くため、後に走るドライバーほど有利となる状況の中、トップは一番最後に出走したヤルノ・トゥルーリ(トヨタ)。2位は12番目からスタートしたミハエル・シューマッハ(フェラーリ)、3位は18番手からスタートしたラルフ・シューマッハ(ウィリアムズ・BMW)。
6番手からスタートした佐藤琢磨(BAR・ホンダ)は6位につけた。
公式予選2回目は、1回目が終わってすぐ午前10時に行われる。