欧州チャンピオンズリーグでただ一人、優勝を4度経験しているクラレンス・セードルフが、祖国スリナムを訪問し、ビッグイヤーを披露した。
 南米北部にあるスリナムを訪ねたオランダ代表セードルフは何千人ものファンの歓迎を受け、子どものチャリティ基金のために活動した。
 セードルフは昨季ミランで欧州一になったほか、2000年にもミラン、1998年にはレアル・マドリー、1995年にはアヤックスでCLに優勝している。
「この5,6年は本当に満足している。この5年間、特にガットゥーゾ、ピルロ、僕、そしてカカの中盤は世界一であることを示してきた。その一員であることをうれしく思うよ」と話したセードルフは、来週にはミランで新シーズンへ向けたトレーニングを開始する。