メインで行われた田村vs金。“PRIDEvsK-1”と煽られた一戦は田村が判定で敗れた

写真拡大

7月16日(月・祝)神奈川・横浜アリーナで開催される『OLYMPIA HERO’S2007 ミドル級世界王者決定トーナメント開幕戦』。6月にはアメリカで『K-1 Dynamite!! USA』が行われたが、国内では3月の名古屋大会以来、約4ヶ月振りとなる『HERO'S 2007』。今宵はミドル級世界王者決定トーナメント一回戦を含む全10試合が行われた。

この日のメインイベントは、HERO'Sに電撃参戦を果たした田村潔司と金泰泳による一戦。戦前には“PRIDEvsK-1”という煽り映像が場内に流された。試合は序盤から両者の打撃が交錯するも、田村は度々タックルでのテイクダウンに成功。しかし、下からガッチリをガードを固める金に成す術なく、膠着でブレイクがかかりスタンドへと戻されるシーンが多く見られた。延長Rまでもつれた一戦は、最後の最後で上のポジションをとった金が攻勢で試合を終え、田村から判定勝ちを挙げた。

また、HERO’S2007 ミドル級世界王者決定トーナメント一回戦3試合は、宇野薫が永田克彦から判定勝ち。ビトー“シャオリン”ヒベイロは宮田和幸を相手に肩固めで快勝。1年前の同トーナメントでブラック・マンバに屈辱の敗戦を喫した所英男は、因縁の相手マンバに対し、序盤から強引にグラウンドへと持ち込み勝機を見出す。しかし、長い手足のマンバは、グラウンドになっても、コツコツと所へパンチを当て、時折わき腹に強烈なエルボー。所は足関節技にこだわり被弾する場面も多く見られ、最後はTKOで敗れた。

その他、全試合結果は下記の通りとなる。

HERO'S 2007 全試合結果

第8試合 スーパーファイト/HERO'Sルール1R10分・2R5分
×田村潔司
(日本/U-FILE CAMP)
延長R終了
判定
詳細はコチラ
金 泰泳○
(日本/正道会館)
第7試合 スーパーファイト/HERO'Sルール1R10分・2R5分
○メルヴィン・マヌーフ
(オランダ/ショータイム)
1R2分13秒
KO
詳細はコチラ
ベルナール・アッカ×
(コートジボアール/フリー)
第6試合 HERO'S2007ミドル級世界王者決定T1回戦/5分3R
○宇野 薫
(日本/和術慧舟會東京本部)
3R終了
判定
詳細はコチラ
永田克彦×
(日本/新日本プロレス)
第5試合 HERO'S2007ミドル級世界王者決定T1回戦/5分3R
×所 英男
(日本/チームゼスト)
1R4分47秒
TKO
詳細はコチラ
ブラックマンバ○
(インド/フリー)
第4試合 HERO'S2007ミドル級世界王者決定T1回戦/5分3R
×宮田和幸
(日本/フリー)
2R1分54秒
肩固め
詳細はコチラ
ビトー“シャオリン”ヒベイロ○
(ブラジル/ノヴァウニオン)
第3試合 スーパーファイト/HERO'Sルール1R10分・2R5分
×柴田勝頼
(日本/ARMS)
1R3分05秒
腕ひしぎ十字固め
詳細はコチラ
ハレック・グレイシー○
(ブラジル/グレイシー柔術アカデミー)
第2試合 スーパーファイト/HERO'Sルール5分3R
×アルトゥール・ウマハノフ
(ロシア/SKアブソリュート・ロシア)
1R1分20秒
KO
詳細はコチラ
アンドレ・ジダ○
(ブラジル/シュートボクセ・アカデミー)
第1試合 スーパーファイト/HERO'Sルール5分3R
×勝村周一朗
(日本/勝村道場)
2R1分55秒
KO
詳細はコチラ
アレッシャンドリ・フランカ・ノゲイラ○
(ブラジル/ワールド・ファイト・センター)
オープニングファイト HERO'Sルール/5分2R延長1R
×尾崎宏紀
(和術慧舟会東京本部)
2R終了
判定
RYO ○
(ウェストジャパン)
オープニングファイト HERO'Sルール/5分2R延長1R
×有村修也
(U-FILE CAMP登戸)
2R終了
判定
毛利昭彦○
(毛利道場)