以前イギリスのソニー幹部が、従来より軽くてスリムなPSPの発売について言及したということをお伝えしましたが、ついに従来より軽くてスリムになった新型PSPが、9月に日本、北米、ヨーロッパで発売されることが公式に発表されました。

新型PSPは軽量・薄型化されただけでなく、よりゲームが遊びやすくなったほか、従来のモデルには搭載されていなかった機能も搭載されているとのこと。

詳細は以下の通り。
New PSP coming in September - Joystiq

この記事によると、新型PSPは液晶やUMDに関しては従来モデルと変わらないものの、33%の軽量化と19%の薄型化に成功しており、バッテリーの寿命が延びたほか、ゲームのロード時間が短縮されたそうです。また、従来モデルのPSPには無かった新機能として、テレビ画面に映像を出力できる機能が搭載されているとのこと。

ちなみに本体カラーは「Piano Black」以外に、PSP用ソフト「Daxter」と1GBのメモリースティックが同梱されたエンタテイメントパック用の「Ice Silver」と、PSP用ソフト「Star Wars Battlefront」が同梱されたエンタテイメントパック用の「White」の3種類が用意され、この2つのパックは199.99ドル(約2万5000円)で提供される模様。なお、「White」のみ10月発売だそうです。

単体販売時の価格が気になるところですが、従来と同じ値段ということなのでしょうか。

・関連記事
PS3、アップデートでPS2ソフトの画質向上やDLNA対応などが実現へ - GIGAZINE

PSPでMac OS XやWindows Vistaを起動させているムービー - GIGAZINE

ソニー、8GBの「メモリースティック PRO デュオ」を発売 - GIGAZINE

放送禁止になったPSPのCM、作ったのは誰? - GIGAZINE

DVDをiPodやPSPで再生できるMPEG4に変換する「HandBrake」 - GIGAZINE


記事全文へ