F1第17戦日本GP、三重県鈴鹿サーキット。フリー走行1回目から続き雨はやむ気配がない。各車、水けむりを上げながらタイムアタックを行う。
開始11分、佐藤琢磨(BAR・ホンダ)がコースイン。1分49秒370を記録し、8位につける。
その直後、開始15分、ミハエル・シューマッハがコースインし、またもやトップタイムの1分45秒388を記録する。
コース上にできた水たまりに乗り、スピンによりコースアウトする車が続出し、イエローフラッグによる中断となる。
その後、雨あしが強くなり、各チームともマシンをピットに収め、そのままセッション終了となる。
明日は9時からフリー走行の後、公式予選が行われる予定。