時事通信社の報道によると、任天堂が携帯ゲーム機「ニンテンドーDS」向けのワンセグチューナーを年内に発売するつもりだそうです。

最近話を聞かなくなったので、もう出ないのかと思っていたのですが、どうやら受信状況のチェックに時間がかかっていた模様。

詳細は以下の通り。
時事ドットコム:DS用ワンセグチューナー、年内発売へ=試作品を総会後公開−任天堂

この記事によると、任天堂が株主総会終了後に行った株主向け自社製品体験会で、「ニンテンドーDS」向けワンセグチューナーの試作品を公開したそうです。当初は春ごろ発売する予定だったのが、視聴地域の受信状況試験などで発売が遅れていたとのこと。

なお、年内に発売する予定とのことですが、気になる価格は数万円もするような高価な商品にはならないそうです。

ニンテンドーDS用の音楽・映像プレーヤー「PLAY-YAN micro」をセットにしたパックなどを出してくれると、音楽もムービーもワンセグも一緒に楽しめて良いかもしれませんね。

・関連記事
ニンテンドーDSブラウザーが使いづらいと不満が爆発 - GIGAZINE

女性の「キレイ」をサポートするDS向けソフト「佐伯チズ式 夢美肌」 - GIGAZINE

学研、DS向け学習ソフト「学研DS 新TOEIC テスト完全攻略」発売 - GIGAZINE

Wiiの販売台数は584万台、任天堂の売上高は1兆円を突破へ - GIGAZINE

コクヨ、人間としての魅力を高めるDS向けゲームソフトを発売 - GIGAZINE

ニンテンドーDSの最新機種は2007年発売、画面がさらに大きくなる? - GIGAZINE


記事全文へ