メルマガに登録した理由(マイボイスコム発表資料より転載)

写真拡大

 マイボイスコム株式会社は、「メールマガジン」に関する調査を実施し、メールマガジンを登録している割合は回答者の94%にも上ったことが明らかになった。

マイボイスコム株式会社は、「メールマガジン」(以下メルマガ)に関する調査を実施し、メルマガを登録している割合は回答者の94%にも上ったことが明らかになった。2007年6月1日〜5日の期間で1万3,136件の回答を集めた。

 登録をすれば、読みたい情報がメールで配信されるメルマガ。調査によると、このメルマガを登録している割合は回答者の94%にも上った。インターネット利用者のほとんどは、メルマガを登録しているようだ。しかし登録や受信のきっかけは、「会員登録に必要だった」が61%でトップ。メルマガそのものを読みたかったというわけではなく、会員登録したらメルマガが届くようになった、というのが実情なのだろうか。以下は、「たまたま発行サイトや過去ログを見つけて」(37%)、「会員登録の際についでに登録」(36%)が続いた。


メルマガに登録した理由(マイボイスコム発表資料より転載)

 登録しているうち、実際に購読している数は、「2〜5本」が52%で最多となり、以下は、「6〜9本」(17%)、「10〜15本」(11%)と続いた。購読ジャンルについては、「懸賞・プレゼント・キャンペーン」(60%)、「会員登録している会社やサービスからのお知らせ」(59%)が上位となった。

 好きなメルマガは、「情報が新鮮」が59%でトップ。以下は、「一回あたりの記事量が少ない」(35%)、「レア情報が載っている」(31%)が3割超で続いた。情報収集として役立ち、読みやすいものが人気のようだ。

 ビジネス向けのメルマガに期待することは、「専門的な内容をわかりやすく解説してくれる」、「一般的なビジネス知識が身につく」(ともに46%)、「自分の知らない情報が得られる」(42%)が上位3位となり、以下は、「実践的なビジネススキルが身につく」(37%)、「仕事のアイデアにつながる情報が得られる」(36%)、「特定の業界の最新情報が得られる」(34%)が続いた。

マイボイスコム発表資料(PDF)


MarkeZine編集部 [著]

■関連記事

ユビキタスネットワークがGDPを1%引き上げ、しかし国際競争力は… 「平成19年度版情報通信白書」[2007年07月03日]

日本発、世界基準のサービスとなるか!?― livedoorが「Fastladder」を公開[2007年07月03日]

「ドコモ 2.0」CMを見た後のイメージ「変わらない」65.3%[2007年07月03日]

音楽がトップ‐携帯電話の動画コンテンツ利用調査[2007年07月03日]



■記事全文へ