コイツさえいなければ・・・役立たず上司の実態

写真拡大

恐怖!現場の叫びでわかった 嫌われるプロマネの正体

素晴らしい成果を生み出す“プロジェクト−X(エックス)”のはずが、チームを率いるプロマネの独りよがりや曖昧指示、あるいは責任放棄の結果、あれよあれよと、“プロジェクト−×(ペケ)”へと急降下。現場の悲痛な叫びを聞け!

プロマネに不満を持つ現場メンバー、なんと88%!
複雑・高度化した現代の技術。ひとつの案件を、ひとりのエンジニアが仕上げることができるケースなど、ほとんどない。そこで重要になってくるのが、メンバーを率い、プロジェクトをまとめ上げるプロジェクトマネジャーの力量だ。しかし……。
Tech総研が、主にIT分野のエンジニア100人に行ったアンケート調査によれば、これまでにプロマネの下でスムーズに進めることができたプロジェクトは5割に満たないと答えたエンジニアが、なんと88%にも上っている(DATA1)。しかも、そのうち79%が、別のプロマネであればうまくいったはずと答えているのである(DATA2)。
回答の中には、プロジェクトの規模が担当したプロマネの手に余り、その結果メンバーの担当する仕事が堤防決壊状態。あまりの激務に変調を来し、うつ病と診断されたという悲惨なケースも。
とはいえ、ある程度の経験を積めば、いずれは自分自身もプロマネとしての仕事を任される可能性は十分ある。そんな将来を視野に入れながら、メンバーの立場からプロマネの力不足と思われる「失敗の事例」を考えてみたい。


赤字計上や大幅な納期遅れ、果てはプロジェクト自体が消滅……。一方ではメンバーへのしわ寄せ・退社など、悲惨な結果に終わったプロジェクトは数多い。そんな失敗を招き寄せたプロマネの行動とは?
傾向別に4タイプに分類し、その失敗事例を追ってみた。

Type1:"だんまりタイプ"プロマネで迷走

■Case1:「情報せきとめ型」
無線通信の基地局内、無線部を終端するファームウェア開発プロジェクト。プロマネがメンバーとコミュニケーションをうまく取れず、半数以上のメンバーがスケジュールを理解してない状態に。スケジュール上、試験工程になってもほとんどの設計が完了して いないというありさま……。
プロジェクト遂行上、重要と思われるメールさえ、メンバーに転送してくれなかった。
(制御系SE/28歳)

■Case2:「意思疎通困難型」
新しい受発注システムを構築するプロジェクト。プロマネは自社内の人間ではなく、コンサル会社から来た人が務めたが、社内の事情もあまりわからず、IT主導のシステムとなってしまった。ユーザー不在の状態で迷走した揚げ句、最終リリースが半年も先延ばしになってしまった。
コンサルだけあって、難しいIT用語を用いることが多く、メンバーもきちんと理解できていないことが多かった。顧客にとってもIT専門用語は難しかったようだ。
(社内SE/30歳)

 ⇒"だんまりタイプ"の迷惑事例はこちら


Type2:"プッちぎり独走タイプ"プロマネで、周囲はヘロヘロ

■Case1:「独り決め型」
Web開発のプロジェクト。プロマネがメンバーである開発者に相談もなく、次々に客の仕様変更をOKしたり、対応期間を独り決め。それが適切であれば文句はないが、明らかにチームの処理能力を無視。結局、全体の工数が大きく膨らんで手に負えなくなり、約1億円くらいの大赤字を出してプロジェクトは失敗に終わった。
(制御系SE/28歳)

■Case2:「テキトーお任せ型」
通信事業系の料金徴収システムを手掛けたが、チーム編成時に個人の能力が把握できておらず、偏った仕事の割り振りになってしまった。なんとかサービス開始までに間に合わせることはできたのだが、そのために仕事ができる一部のメンバーに作業が集中してしまった。
体制づくりの時点で想定される必要なスキルをもったメンバーを集めるべきだったのにそれを怠ったうえ、仕事の割り振りも適当。個人のスキル任せだった。
(Web系開発/29歳)

 ⇒"プッちぎり独走タイプ"の迷惑事例はこちら


Type3:"あっちこっちフラフラタイプ"プロマネのせいで作業効率は最悪!

■Case1:「詰めが甘い指示ベタ型」
ある工作機械メーカー向けの制御機器の開発プロジェクト。メンバーも割り当てないまま顧客の言うとおりの納期をマネジャーが約束。当然ほかの仕事が忙しく、手も付けられないまま納期遅延の連続。半年遅れで試作品を納品したが客先の品質評価で問題が出て現在対応中というオマケ付き。
プロジェクトの体制も整えず、開発の細部も煮詰めないうちに納期だけ決めてしまったプロマネのいい加減さが諸悪の根元。
(制御系SE/33歳)

■Case2:「指示放棄型」
環境分析用データベース作製プロジェクトに携わっているが、プロマネからメンバーへのはっきりした指示は一切なし。おかげで私以外のメンバーのほとんどが作業をやらなくなり、いまだにそのしわ寄せを取り戻すためにひとり奮闘中……。
指示の徹底や連絡など、本来プロマネが行うべき仕事をほったらかしたまま!結局、私がプロジェクトメンバーへ参加を促すために個別に折衝してまわるなど、一部身代わりする仕事をするはめに。
(研究/28歳)

 ⇒"あっちこっちフラフラタイプ"の迷惑事例はこちら


Type4:"伝言マシンタイプ"プロマネで作業量爆発!

■Case1:「被・拉致監禁型」
度重なるお客様からの要件変更。現場サイドではその日のうちに実施すべき作業があるにもかかわらず、プロマネからは急かつ曖昧な作業指示が頻発。しかも!それもまた“本日中”などの期限付き。キャッチアップするために、メンバーは毎日明け方まで作業。最終的に期日には間に合ったのですが、実はシステムとして完成されていないところが残ったまま……。
期間は変更できないのに、プロジェクトマネジャーは客先でつかまったきりで、ひっきりなしに変更のメールをよこすだけ。
(ネットワーク設計/33歳)

■Case2:「ユーザーニーズ過敏症型」
某メーカーの社内在庫管理システム開発。顧客の要望を全部受けてくるので、仕様がとんでもなく複雑化し現場が混乱。結局テスト工程でのバグ発生率が異常に多くなり、工期が大幅に遅れた割には使い勝手が悪く、顧客の評判もよくなかった。
顧客の業務自体が複雑化しており、取引相手ごとに異なるデータ形式にすべて対応していたらきりがなくなる。それをプロマネが顧客にもきちんと説明すべきだった。
(Web系開発/30歳)

 ⇒"伝言マシンタイプ"の迷惑事例はこちら

まだまだある迷惑プロマネの恐怖の実態
 :
 :
この記事の続きは[livedoor キャリア]で


■関連リンク
livedoor キャリア
[100人の証言]年収1000万円の稼ぎ方!
カリスマ経営者が右腕にしたいITコンサルタントとは?
残業は美徳!?日本人の悪習慣
「エロってる」「サンピーする」ってどんな会社!?
【女の転職】給与・待遇・離職率。。。聞きづらい質問の尋ね方