その強さを、改めてアピールしたBJ・ペンが完勝!

写真拡大 (全11枚)

6月23日(土・現地時間)、アメリカ・ネバダ州ラスベガスのパームス・ホテルに隣接するザ・パールで行なわれたアルティメット・ファイター・シーズン5フィナーレ。スパイクTVのリアリティーショーとして、UFC人気の礎となった当番組は、爆発的な人気こそ収まったものの、この日のメインに出場したジェンス・パルヴァーが、当日のESPNニュースに出演するなど、TUF効果は今も続いている。

そのパルヴァー。試合前に彼のマネージャーのモンテ・コックスが「立って闘う。寝技になると、ちょっと凌げないかもしれない」と語っていたが、実際の試合では、パンチを受け、開始早々からテイクダウンを奪われてしまう。BJのパス狙いを必死で阻止するパルヴァーだったが、ならばとBJは立ち上がりかけたパルヴァーを両足タックルの要領で持ち上げ、今度は豪快なテイクダウンを成功させる。ジャッジの印象を良くする技をしっかり使い、パルヴァーを追い込むBJは、バックマウントから腕十字、三角絞めと、流れるように技をしかけ、一方のパルヴァーはエスケープすることで精一杯で、自らが攻めるには至らない。

 その後の立ち技の展開で、ようやく五分に持ち直したパルヴァーだったが、2R開始早々にまたもテイクダウンを許してしまう。ハーフガードから強烈な左のパウンドを放つBJは、隙を見ては拳を落とし、マウント奪取。バックマウントから焦ることもなく、ゆっくりと時間かけ、パルヴァーをいたぶるようにパウンドを落としつつ、隙を見つけや一気にチョークへ。パルヴァーはタップするしか、この技から逃れる術はなかった。

 グッドシェイプ、そして精神的に充実している時のBJ・ペンの強さを、改めて思い起こさせるかのような完勝劇だ。

その他、全試合結果&レポートは下記の通りとなる。

The Ultimate Fighter season 5 Finale

メインイベント ライト級5分3R
○BJ・ペン
(アメリカ)
2R3分12秒
チョーク
詳細はコチラ
ジェンス・パルヴァー×
(アメリカ)
第8試合 ライト級5分3R
×マニー・ガンバーリャン
(アメリカ)
2R20秒
タップアウト
詳細はコチラ
ネイサン・ディアズ○
(アメリカ)
第7試合 ミドル級5分3R
×フロイド・ソワード
(アメリカ)
1R3分50秒
肩固め
詳細はコチラ
ターレス・レイチ○
(ブラジル)
第6試合 ライト級5分3R
○ロジャー・フエルタ
(アメリカ)
2R3分30秒
TKO
詳細はコチラ
ダグ・エヴァンス×
(アメリカ)
第5試合 ライト級5分3R
×ブランドン・メレンデス
(アメリカ)
2R2分9秒
三角絞め
詳細はコチラ
ジョー・ローゾン○
(アメリカ)
第4試合 ライト級5分3R
×アンディ・ウォン
(台湾)
1R1分10秒
TKO
詳細はコチラ
コール・ミラー○
(アメリカ)
第3試合 ライト級5分3R
△ロブ・エマーソン
(アメリカ)
2R39秒
ドロー裁定
詳細はコチラ
グレイ・メイナード△
(アメリカ)
第2試合 ライト級5分3R
×アレン・ベルーベ
(アメリカ)
1R4分22秒
チョーク
詳細はコチラ
レオナルド・ガルシア○
(アメリカ)
第1試合 ライト級5分3R
×ブライアン・ジェラティ
(アメリカ)
1R2分9秒
TKO
詳細はコチラ
マット・ワイマン○
(アメリカ)