圧倒的な強さを見せたBJ・ペン。ライト級ベルトを目指すのか?

写真拡大 (全4枚)

6月23日、米国ネヴァダ州ラスベガス。ベガスのホテルにクラブを持ち込み、男の歓楽街から若者の街に変えたホテル=パームスに隣接するザ・パールで行なわれたアルティメット・ファイター・シーズン5フィナーレ。

そのメインで、シーズン5のコーチだったBJ・ペンとジェンス・パルヴァーが対戦。打撃、テイクダウン、ポジショニング、全ての面でパルヴァーを圧倒したBJが、2R3分12秒チョークで一本勝ちし、5年5ヶ月ぶりのリベンジを果たした。

試合後、「ヘビー級でない、軽いファイターたちの試合がこんなに注目を浴びるようになった。でも、自分はライト級でも小さいほうだら、145パウンド(フェザー級)へ階級を落とすよ」とパルヴァーが、軽量級の先駆者らしい発言をし、拍手を浴びた。一方、勝者は「今の俺の心境が知りたい? なら、BJペン・ドット・コムにチェックしてくれ」といい、一方的にインタビューを打ち切ってオクタゴンを下りてしまった。興奮冷めやらぬBJだが、試合では大いに株を上げ、試合後に少し下げたようだ。

6月23日米国ネヴァダ州ラスベガス パームス・ホテル ザ・パール
The Ultimate Fighter season 5 Finale
全試合結果

メインイベント/ライト級5分3R
○BJ・ペン
vs ジェンス・パルヴァー×
(2R3分12秒/チョーク)

第8試合 ライト級5分3R
×マニー・ガンバーリャン
vs ネイサン・ディアズ○
(2R20秒/タップアウト)
※右肩脱臼の負傷により

第7試合 ライト級5分3R
○ロジャー・フエルタ
vs ダグ・エヴァンス×
(2R3分30秒/TKO)

第6試合 ミドル級5分3R
×フロイド・ソワード
vs ターレス・レイチ○
(1R3分50秒/肩固め)

第5試合 ライト級5分3R
×ブランドン・メレンデス
vs ジョー・ローゾン○
(2R2分9秒/三角絞め)

第4試合 ライト級5分3R
×アンディ・ウォン
vs コール・ミラー○
(1R1分10秒/TKO)

第3試合 ライト級5分3R
△ロブ・エマーソン
vs グレイ・メイナード△
(2R39秒/ノーコンテスト)

第2試合 ライト級5分3R
×アレン・ベルーベ
vs レオナルド・ガルシア○
(1R4分22秒/チョーク)

第1試合 ライト級5分3R
×ブライアン・ジェラティ
vs マット・ワイマン○
(1R2分9秒/TKO)