米国時間6月29日に発売されるiPhoneですが、アップルの公式サイトにてその機能をあますところなく網羅して紹介するためのガイドツアームービーが登場しました。かなり長いムービーなので最初からダウンロード版も用意されています。

どんな内容なのかちょっと見てみましょう。ざっくりと解説してみます。今までは明らかにされていなかった数々の機能の詳細が判明しています。
鑑賞やダウンロードは以下から可能です。全部で24分39秒ほどあります。

Apple - iPhone - A Guided Tour

底面部分がスピーカーとマイクになっています。


起動直後はこんな感じ


右上のスイッチに触れるとスリープ状態に。


完全に電源を切るにはスリープ復帰直後のこの画面で赤い矢印アイコンをスライドさせる仕組み。


相手に電話をかけるには住所録からスクロールさせて選んでタッチして……


さらに相手の番号をタッチするだけ。


これで電話がかかる。保留なども全部この一画面にボタンとして集約されている。


普通に相手の番号を入力する場合はこんな感じの画面になる。


iPodやiTunesのような音楽再生機能もあります。これはアルバムなどのカバーアートが表示されているところ。わかりやすい。


音楽だけでなく、映画やテレビ番組もiTunes Storeから購入して再生可能。


デジカメ画像の再生も可能


ネットに接続してページを見ることも可能。使用するブラウザはSafari。


ブックマーク機能はこうなる


ページは最初に全体が表示され、ズームインしたいところをタッチするとぐいーんと寄っていって拡大する。ズームイン状態からドラッグしてさらに上下左右にスクロールしたり、もう一段階ズームインしたり、ズームアウトして元に戻るのも全部画面タッチのみで直感的に操作可能。


検索するときはこうなる。


電子メール機能ではちゃんと添付ファイルも扱える


PDFファイルが添付されている場合も表示可能


マイクロソフト オフィスのワードファイルも表示できる


メールを打つときはこうなる。マルチタッチをサポートしているので、同時に複数のキーの組み合わせで打つこともできる。


お天気の表示も可能


株価も見ることができます


Googleマップを使うこともできる、と。


目的地にどうやって向かえばいいのかをGoogleで検索して経路を表示することも可能


YouTubeも閲覧できるわけですが、ブラウザから見るのではなく、なんと最初から「YouTube」ボタンが用意されています。これにタッチするだけ。


YouTubeはこんな感じで見えるようになっています


YouTubeを再生中


これは各種設定画面


着信音などの各種サウンド設定


壁紙変更機能もあります


メールの設定


日本でiPhoneを販売するときもこういうムービーが出てくるのでしょうかね?

・関連記事
ニセモノの「iPhone」が150ドルで販売されている - GIGAZINE

iPhoneがさらに超多機能になったらどうなるのか?というムービー - GIGAZINE

iPhoneをハンマーで殴りまくって破壊する購入資金募集中 - GIGAZINE

Appleの「iPhone」、日本ではドコモまたはソフトバンクで展開か - GIGAZINE


記事全文へ