出荷台数が当初の予定を下回っているソニーの次世代ゲーム機「PS3」が、テコ入れ策としてソフトをセットにして単体購入時よりも値段を安くすることで、実質的な値下げをした「PLAYSTATION 3 ビギナーズパック」を発売するそうです。

そして日本経済新聞社の報道によると、ゲーム会社と協力してPS3ソフトのラインナップを2007年度中に現在の3倍以上にする計画であるとのこと。

これにより巻き返しを図ることができるのでしょうか。

詳細は以下の通り。
PlayStation.com(Japan) | お知らせ | 〜みんGOL5で始めよう〜「PLAYSTATIONR3 ビギナーズパック」

このリリースによると、2007年7月26日(木)に発売される「みんなのGOLF 5」をPS3本体とセットにした「PLAYSTATION3 ビギナーズパック」を同日に発売するそうです。価格はいずれも税込で60GBモデルが61980円、20GBモデルが51980円。

ちなみにPS3本体の60GBモデルはオープン価格ですが、20GBモデルは税込49980円で、「みんなのGOLF 5」が税込5980円なため、20GBモデルの場合だとおよそ3980円安くなっていることになります。

「PS3」ソフト大幅増、SCE社長がテコ入れ策

また、この記事によると19日付で最高経営責任者(CEO)に就任した平井一夫社長が、日本経済新聞社のインタビューに対して、ゲーム会社と協力することで現在世界で発売されているPS3用ソフト60タイトル、ダウンロード専用ソフト50タイトルを、2007年度中に200タイトル、ダウンロード専用ソフトを180タイトル出すという計画を表明したとのこと。

・関連記事
ソニーがまたブルーレイに関する特許で訴えられる - GIGAZINE

PS3、アップデートでPS2ソフトの画質向上やDLNA対応などが実現へ - GIGAZINE

PS3は100ドルの値下げが可能らしい - GIGAZINE

ソニー、200GBのHDDを搭載したPS3を検討中か - GIGAZINE

ソニー、北米でPS3の20GBモデルを販売終了へ - GIGAZINE


記事全文へ