敗れた天龍に高田総統はまさかのモンスター軍追放を言い渡した

写真拡大

6月17日(日)さいたまスーパーアリーナで開催された『ハッスル・エイド2007』。メインハッスルでは、HG vs “モンスター大将”天龍源一郎の一騎打ちが行われた。

この一戦は“マスカラ・コントラ・ハドゲラ”ルールで行われ、HGが負ければマスクを剥がされハードゲイキャラを封印、天龍が負ければ身も心もハードゲイになるという過酷な条件が課せられた。

試合は、ゴングと同時に先制のドロップキックを放っていくHGだったが、天龍は一通り技を受け流すと、タックル、逆水平チョップと重い攻撃で反撃に転じた。天龍は、HGの胸元が真っ赤に腫れ上がると、追い討ちを掛ける様に、そのマスクに手をかけ帽子の部分を引き裂いてします。

しかし、自らコスチュームを脱ぎ捨て気合いを入れ直したHGは、アームブリーカーを突破口に戦局を引き戻すと、最後はDDTの体勢から後方へと丸め込み、逆転の3カウントを奪取した。

試合後、天龍へハードゲイコスチュームを突きつけたHGだったが、そこに高田総統が登場。天龍は総統のもとへ歩み寄るが、なんと総統は敗れた天龍に鉄拳制裁。その場でモンスター軍追放を言い渡すと、HGらハッスル軍にも「せいぜい束の間の余韻に浸ってることだな」と捨て台詞を残して姿を消した。

行き場の失った天龍は、ハードゲイコスチュームを抱えながら、寂しそうにバックステージへと戻っていった。

『ハッスル・エイド2007』全試合結果一覧へ!