070615gems01_ld.jpg

 

「HELP ME!!」と、宝石たちが叫んでおります。

こちらはカリフォルニアのデザイナー、Mike and Maaike が、先月のICFF(国際現代家具見本市)2007で発表したアクセサリー。一見、ファミコン世代の回顧主義的なノリを感じますが、結構意味深いものらしいんですよ。

ある時、あくまでゲージツ的かつテツガク的な観点から、Googleのイメージ検索で高価な宝石類を調べていたMike and Maaike。そしたら、世界的に有名な宝石のいくつは、すでに盗まれていることに気付いたんだそうです。しかも、なぜかWEBに残されているのは、低解像度の画像ばかり。

「あー、これは、クッパの仕業に違いない」

と、考えたりはしなかったと思いますが、「じゃあ、これを手で触れるようにしよう」ってことで、見つけた画像をそのまま革にプリントしてみたんだとか。アートですねぇ。

 

他のタイプの画像は下記リンク先でどうぞ。

【ピーチ姫のペンダント写真ギャラリー】

 

でも、やっぱ。

ボクとしては、マリオに助けを求めるピーチ姫の遺留品と考えたほうが、夢を感じるかな。

(オサダシン)

Stolen Jewels[MoCo Loco]

 

■関連記事

パソコンのパーツで作られた、お洒落アクセサリー

メカっぽいアクセサリー

アクセサリーのようなイヤホン

「Z-agon」立方体の六面が全部ディスプレイのアクセサリー