アメリカの任天堂が発表したところによると、任天堂の次世代ゲーム機「Wii」で提供されている、過去のハードウェア向けのゲームを遊べるサービス「バーチャルコンソール」でダウンロード販売されたゲームが全世界で470万本を突破したそうです。

ちなみにWii所有者全体の40%がインターネットに接続しており、現在1時間に1000本の割合でダウンロード販売されているとのこと。なお、栄えある1位に輝いたのはファミコン版「スーパーマリオブラザーズ」です。

1位を含めたトップ5は以下の通り。
WII HITS YET ANOTHER MAJOR MILESTONE: 100TH CLASSIC GAME ADDED TO VIRTUAL CONSOLE

このリリースによると、2006年11月19日(日本では12月2日)に開始された「バーチャルコンソール」で、今までにダウンロード販売された470万本のうち、トップ5は以下の通り。

1位:スーパーマリオブラザーズ(ファミコン)


2位:スーパーマリオ64(NINTENDO64)


3位:マリオカート64(NINTENDO64)


4位:スーパーマリオワールド(スーパーファミコン)


5位:ゼルダの伝説(ファミコン)


やはりマリオが圧倒していますね。それだけマリオが全世界的に愛されているということなのでしょうか。

・関連記事
エレコム、Wiiリモコンをゲームパッド風に使えるグリップやカバーを発売 - GIGAZINE

Wiiの販売台数は584万台、任天堂の売上高は1兆円を突破へ - GIGAZINE

横断歩道がWiiリモコンになりました - GIGAZINE

死んだマリオはいったいどこへ行くのか? - GIGAZINE

スーパーマリオ64をファミコン風にするとこうなる - GIGAZINE


記事全文へ