人間とは、他人と支え合っていかなければ生きることはできない。「人」という字は支え合う2本の線からできている。……重く堅苦しいつぶやきから入ってしまったが、今回のテーマは、誰もが一度は経験がありそうな“ハブられ”である。

幼いころはよく「仲間外れはダメよ」と親に言われたものだが、大人になるにつれ、その意味を“身をもって”どんどん理解していく。いじめ問題などでも取り上げられる“仲間外れ”は子どものころだけではなく、大人社会でもシッカリあるのだ。

実際、ちょっとまわりにアンケートをとっただけでも、日常でも「疎外感を感じる」という人が多かった。このような“ハブりハブられ”現代社会。“ハブられている”状況を知ると知らないとでは、社会生活にも影響がでてくるというものだ。そこで今回は、“ハブられ”には、どのようなパターンがあるのかを検証。そして“ハブられ”たときの対策を考えてみた。

<こんなハブりをされた! 〜そして対策へ〜>
経験:会社の飲み会で自分だけ誘われなかった……。
対策:マジでこれは厳しいです。会社生活の危機。社外で飲む友だちを作る。「会社の宴会などは、いつも不参加」というスタイルをとることで“ハブられ”イメージを一掃しよう。

経験:彼女と自分の女友だちの3人で遊びに行ったら、女性同士意気投合して自分だけが蚊帳の外。
対策:女性同士は気が合いやすいので、こうなったら、ふたりのフォローに徹しよう。

経験:みんなで遊びに行くときに「おまえ来るの?」といわれた。
対策:「いや、冗談! 行かないよ、用事があるんだ」とサラっと受け流そう。さびしげな仕草は禁物だ。

経験:昔からの友人の結婚式に呼ばれなかった。
対策:「俺とそいつは“結婚式によばなくても心が通じる”仲」だと、ポジティブ思考に切り換え、お祝いメッセージでも送ろう。

経験:知人に子どもが誕生したことを教えてもらえなかった。
対策:前から知っていたフリをして、お祝いなど贈ると回復するかも……。

経験:会社でおみやげを配ってるときに自分だけもらえなかった。
対策:今度お土産買ってきたときにあげよう。普通なら次回からもらえるようになる。

経験:自分だけ同じグループの会議に呼ばれない。
対策:ほかの作業が忙しくてどっちにしても行けなかったことにしよう。

経験:メッセンジャーでコメントしても返事がこない。
対策:あなたからのコメント受信を禁止にしているかも。最初からコメントしてないことにしよう。

経験:仲のよい同僚グループのはずなのに、みんな自分だけmixiでマイミクにしてくれない。
対策:「マイミク申請ご自由にどうぞ」コミュなどで独自の仲間を作ろう。

経験:何度聞いてもmixiのID(マイページ)を教えてくれない。
対策:それは単なる個人情報漏らしたくないだけ。

経験:メールのCC(カーボンコピー)に入れてもらえなかった。
対策:それは何かあっても相手のミスなので“ハブられ”ではない(多分)。

経験:休日明けにみんなで遊びに行った話をしている。
対策:予定があったので、知らされても行けなかったと強がる。

経験:バレンタインデー。
対策:これは別の問題なので……“ハブられ”ではない。

経験:自分だけPS3持っていて浮かれてる。
対策:DSやWiiも買いましょう。当然“ハブられ”ではない。



……と、意外と日常生活では、知らずにさまざまな“ハブり”を受けている人も多いはず。こんなときの対策で、いちばん大切なのが“ポジティブシンキング”だ。前向きにいい方向へ考えることで、人間関係をギクシャクさせずに乗り切りことができる。“ハブられた”ではなく“自由になった”と考えて行動することで、自然とまわりの雰囲気が変わってくるケースは多い。トレビアンニューススタッフは、こんな仲間外れにあっても、いつもポジティブシンキングなの大丈夫(涙目)! 



■オススメ! 最新人気トレビアンニュース
mixiにも出現!?ぼっさんって誰? ネットの謎人物登場
『FFXI』で悪事をすると本当に投獄! 体験者が語る
芸能人の怒りは身勝手? 人の権利?

■関連リンク
占いでハブられる人生から脱出を!!
会社でハブられない方法を聞いてみよう!

元記事
「おまえ来るの?」会社でハブられたときの心のケア