社団法人コンピュータエンターテインメント協会(CESA)は、「東京ゲームショウ2007(TGS2007)」のテーマを決定したと発表した。

 この度発表されたテーマは「つながって、ひろがって、世界へ。」。PCからXbox360、PS3といった次世代ゲーム機まで、ネットワーク機能が常識となったゲーム界において、「ゲームと人のネットワーク――この二つの有機的な結合が生み出す新たな可能性」がテーマとして表現されているとのこと。

 スケジュールは9月20日(木)・21日(金) がビジネスデイ。9月22日(土)・23日(日)が一般公開日。これまで1日だったビジネスデイが2日に拡大され、BtoB企業中心の「ビジネスソリューションコーナー」が新設されるなど、ビジネス系のコンテンツにも力が入った内容。来場者数18万人が目標となっており、ゲーム界再生がいわれる時期だけに、盛り上がりが期待されるところだ。

■関連ニュース
RAPPELZ、6月に待望の二次転職システムを実装
ベンキュー、メタリックフレームの近未来的デザインを採用――ゲームユーザー向け24型ワイドディスプレイ
パーフェクトワールド、「ファッションデザインコンテスト」を開催
現実世界のユーザの問題にサービス提供側はどう立ち向かうか―オンラインゲーム専門部会第11回研究会
ネットカフェ規制を睨みセキュリティ対策――FREESPOT協議会に聞く