メインで行われるのは“因縁の一戦”リデル×ジャクソン

写真拡大 (全5枚)

5月25日(金・現地時間)、翌26日に開催されるUFC71の公開計量が、試合会場と同じ
米国ネヴァダ州ラスベガスのMGMグラウンドガーデン・アリーナで行なわれた。

この日は、プリミナリーファイトとPPVカードに区切られ、2000人近いファンを集め、公開計量が行われた。

ESPNEWSの中継スタートにあわせ、PPVカード出場選手の計量がスタート。
メインのUFC世界ライトヘビー級選手権試合は、まず挑戦者のランペイジ・ジャクソンが登場。ブーイングも多少起きたが、すぐさまランペイジ・コールと彼を真似た犬の遠吠えが会場にこだまする。

205パウンド、リミットちょうどで計量をパスしたジャクソンは、ここで本家本元の遠吠えを披露し、王者チャック・リデルを待つ。
 大歓声に迎えられたリデルもまた、205パウンドでパスし、両者は向かい合ってファイティングポーズを取った。

 ここで司会のジョー・ローガンから、両者のインタビューが行なわれジャクソンが「2人のウォリアーが戦い、一人が生き残る。勝つために闘う、俺がチャンピオンになって生き残る」と言えば、リデルは「試合開始が待ち遠しい。良い試合をしたい。そしてノックアウトする」と公開計量を締めくくった。

ところが、最後の最後に再びマイクをローガンからむしりとったジャクソンは、「チャックは前の試合のときも、そんな風に言っていたぞ」と大声でアピール。オクタゴンに入る前から、心理戦は始まっている。

このほか、ウェルター級注目の一番、ジョシュ・バークマンは1パウンド・オーバーながら、キレキレのボディを披露し、パンクラス+ボードッグ連合を蹴りUFCを選択したチアゴ・シウバもライトヘビー級のリミットを3パウンド下回る202パウンドでパス。ジェイムス・アーヴィンとの一戦に挑む。

5.26 『UFC71 Liddell vs Jackson』対戦カード
リデル vs ジャクソン 因縁の一戦がいよいよ実現!今週末『UFC71』開催!