デジタルアーツは24日、「i-フィルター for PS3」の販売を開始した。

 「i-フィルター for PS3」は、PlayStation3(PS3)でのネットサーフィン時に、有害サイトなどを表示させないようにするフィルタリングサービスで、利用料は月額315円。

 申込みは、PS3のブックマークにある「i-フィルター for PS3」にアクセス、専用サイトから手続きを済ませればOKだ。なお、動作にはPS3のシステムソフトウェアバージョン1.80以上が必要となるため、利用しようとする人はアップデートを済ませておくといいだろう。

 「i-フィルター」は、すでに任天堂のWiiでも採用されており、こちらは2008年4月30日(水)まで「Wiiでi-フィルター安心キャンペーン」として無料で使用可能となっている。リビングにこれらのゲーム機を置いているのであれば、家族が有害サイトへアクセスすることを防ぐために、「i-フィルター」の導入を検討するのも一つの手ではないだろうか。

■関連ニュース
Wiiでの有害コンテンツ閲覧を制限する「i-フィルター for Wii」
デジタルアーツ、ニンテンドーDS向けのWebコンテンツフィルタサービスを提供
ASAHIネット、有害コンテンツフィルタリングサービスを7月〜9月は無料で提供
BIGLOBE、PCにインストールするだけで有害Webサイトの閲覧を制限できる「Webフィルタリングサービス」の提供を開始
@nifty、トレンドマイクロのInterScan WebManager for Squidを採用してコンテンツフィルタリングサービスを提供