さくらインターネットは、MMORPG「ロード・オブ・ザ・リングス オンライン アングマールの影(LotRo)」の料金体系を発表した。

 基本的に月額制で、30日のプレイ料金は1,500円(税込)。初回にはクライアント代として3,000円(税込)が必要となる。無料プレイ期間は当初の発表よりも期間が延びて10日間と決定。オープンβテストのキャラクターデータはそのまま利用可能となった。

 なお、さくらインターネットのアカウント(「さくらアカウント」)の場合は、6ヵ月(180日分)で8,000円(税込)、12ヵ月(360日分)で15,000円(税込)、1日で300円(税込)のプランが利用可能となる。また、「ロード・オブ・ザ・リングス オンライン」と「ダンジョンズ&ドラゴンズオンライン(DDO)」であわせれば1ヵ月(30日分)2,000円(税込)となる。「ダンジョンズ&ドラゴンズオンライン」のプレイヤーには特に嬉しい料金体系といえるだろう。いずれの方法も、支払いはクレジットカード及びWebMoneyが使用可能となっている。

 また、パッケージ版を購入したプレイヤーは、「プレミアム先行サービス」として、6月1日(金)の正式サービスより一週間早い5月25日(金)18時〜5月31日(木)のプレイが可能。ついに本格始動する「ロード・オブ・ザ・リングス オンライン」、確固たる世界観を持つ欧米産のMMORPGが日本でどのような反響を呼ぶかが注目されるところだ。

■関連ニュース
@games、セルフィのペット「セルピット」を5月29日に実装
Windows版「Halo2」、発売日を延期
J-Payment、Second Life内の決済代行サービスを開始
釣りパラダイス!、5月25日よりクローズドベータ2テストを開始
鬼魂、門派同士で戦える「門派戦」を導入